本文へ移動

年中行事

恒例法要

  1 月元旦会(1日) 御正忌報恩講(9日~16日・本山にて)
  2 月涅槃会(15日・釈尊が入滅された日)
  3 月春季彼岸会
  4 月灌仏会(花祭り・8日、釈尊が誕生された日) 立教開宗記念法要(15日・親鸞聖人が『教行信証』を著わされた日)
  5 月降誕会(21日・親鸞聖人がお生まれになられた日)
  6 月
  7 月
  8 月盂蘭盆会(15日)
  9 月秋季彼岸会
 10 月
 11 月
 12 月成道会(8日・釈尊がさとりを開かれた日) 仏具磨き(9日) 報恩講(15日~16日)

儀  式

建碑式

 墓碑や記念碑・顕彰碑などの建立に当たって仏祖のお導きを感謝し、その建
立を縁としてますます聞法に励むことを表明する儀式。

入門式

 宗門(浄土真宗)に入り、門徒の本文を守る旨をご本尊の前で宣誓する儀式。

入仏式

 新しくご本尊をお迎えしたり、修理などが終わりお還りになったとき勤める法要。
「おわたまし」「おひもとき」とも称されていて、深厚の仏縁をよろこび、仏壇を安置
して心のよりどころとし、日々報謝の勤行とお給仕を相続することの決意をする儀
式。

仏前結婚式

 二人が互いに人生の伴侶たらんという決意を仏前に表明し、誓い合う大切な儀式。

起工式

 家を新築しようとする工事を始める前に行う儀式。
 さまざまなご縁があり、機が熟して工事に入れるよろこびを阿弥陀如来さまに
ご報告申し上げる、よろこびのおつとめ。
 ご本尊を安置し、工事関係者やご縁のある人々と共におつとめをする。

上棟式

 棟札をあげ、今日のよろこびを迎えることができたことを、工事関係者、有縁
の人々tともにおつとめをし、お礼を申し上げる儀式。

落成(竣工)式

 慈光照護のもと新築(修復)の普請が完成したことを仏前に奉告するとともに、有縁の人々が仏恩を報じ、感謝のよろこびを表明する儀式。

初産式

 初参りともいい、この世に生を受けた赤ちゃんが、初めてお寺へお参りして受
ける儀式。

児参式(七五三参り)

 児童が親と共にお参りする日。
 七五三の場合は、男の子が五歳、女の子が三歳と七歳の時、お寺にお参りし、すこやかな成長を奉告するとともによろこぶ儀式。
0
8
4
9
1
3
宗教法人 金光寺
〒882-1201
宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町大字鞍岡
5927番地
TEL.0982-83-2338
FAX.0982-83-2338
浄土真宗の布教伝道
法事・葬儀・人生の節目の行事

TOPへ戻る