本文へ移動

金光寺の一日

2 月 ( February・如月 )

19日

 朝の寒がとても厳しい日になりました。最低気温は今シーズン一番の冷え込み-8.4℃でした。ただ、日中は9.3℃まで気温は上昇しました。天候は快晴、阿蘇山がとてもきれいに見え、噴煙も真っすぐ立ち上っていました。
 今日は仏事はなく、昨日の除雪の後遺症か体の節々が痛くなったこともあり、午後4時まで家の中でパソコンをいじったり読書をしたりして過ごしました。午後4時半からの歯の治療のため蘇陽病院へ行きました。治療は午後5時前から約1時間かかりました。すぐに帰宅して一日を終えました。

18日

 仏事のない日でした。気温は最低が-3.9℃、最高が1.8℃と厳しい寒さになりました。
 天気予報どおり雪が積もりました。約10㎝、午前5時に起きて、除雪をはじめ、梵鐘を撞いた後は息子も参加しての作業になりました。息子は途中離脱、私は除雪機を使ってまず町道の除雪を行いました。その後、いったん作業を中止し、息子を役場へ送り届け、大石の内の従兄の要請でパソコンの点検をして帰宅。遅い朝食を食べて除雪作業を再び開始。
 境内地を午前中に、県道を午後3時過ぎまで行って作業終了。早い入浴を済ませて午後6時半から隣保班(寺村組)の村祭りに参加し午後9時に帰宅という一日でした。

17日

 天気予報が当たりました。雪が降り始め約2㎝ほど積もりました。気温も最低-2.3℃、最高1.3℃とこの時期らしいものでした。
 今日は午前9時に礼参りをつとめ、以後は明日の積雪(天気予報を信じて)に備えて二年ぶりに軽トラックにスタッドレスタイヤを付けました。また、除雪機を倉庫から出しました。大雪でなければいいのですが!

16日

 天気予報が大当たりになりました。朝の最低気温は11.4℃でしたが午後9時現在の最低気温は2.5℃と時間の経過に連れて気温が下がっていきますとの予報どおりでした。ちなみに最高気温は14.6℃でした。天候は終日雨でした。
 今日葬儀関連の仏事のご縁でした。正午から蘇陽葬祭斎場で葬儀、その後、ご遺体をだびに付し、収骨を終えてご遺骨が自宅に帰り午後4時から還骨と初・七日忌法要をつとめました。また、波帰・本屋敷地区に寺報を配布しました。そんな一日でした。

15日

 今日も暖かい日でした。最低気温は5.7℃と少し低めでしたが、最高気温は18.3℃になりました。
 今日は午前10時に一周忌法要の仏参、午前11時に33回忌の仏参、午後1時過ぎに礼参りの仏参をつとめました。
 その後、本堂工事で出た廃材の置き場所を変えました。廃材のために本堂にすぼの臭いがあったためです。
 午後6時からは蘇陽葬祭斎場でお通夜のご縁をつとめて一日を終えました。
0
9
9
8
0
4
宗教法人 金光寺
〒882-1201
宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町大字鞍岡
5927番地
TEL.0982-83-2338
FAX.0982-83-2338
浄土真宗の布教伝道
法事・葬儀・人生の節目の行事

TOPへ戻る